dhaの効果を得る|健康なカラダ作りのアイテム!

ウーマン

女性に多い症状を緩和

頭を抱える女性

肩こりや疲れも癒す

貧血を改善させるためにも、病院から処方される薬に頼らない食事療法を図ることにより、身体には様々にメリットが得られます。例えば、貧血を予防する意味も含め、鉄分を摂取することは推奨されており、消化吸収率の低い非ヘム鉄を含む食品があるものの、吸収率の高いヘム鉄を多く含む肉類や魚介類などの食べ物を摂り入れることが大切です。また、鉄分の吸収率を高めてくれるサポート成分として、女性の美容と健康にも関与するのがビタミンで、クラッとしないための造血作用があります。レバーや納豆などのビタミンB12や葉酸を上手く摂り入れることで欠乏性貧血を改善でき、さらに抹消神経の機能を向上させられるため、肩こりや眼の疲れなどの女性の陥りやすいトラブルを緩和させることも、食事療法1つ工夫するだけで可能です。

ダイエットには注意

欠乏性貧血に陥りやすい女性にとって、症状を改善させるためにもサプリメントや薬剤師による処方で鉄剤の服用を試みるケースは多いものの、改善させるためには食事療法を続けていくことが再発に繋げないためにも重要視すべき点です。貧血の原因には、不規則で栄養バランスの偏りなどの食事の質が低下していることが挙げられており、鉄欠乏性貧血はダイエットにチャレンジする若い年代の女子に増えています。美容と健康を意識し、ダイエットの成果にも繋がるのは、主食・主菜・副菜などの栄養バランスの整った食事であり、鉄分を含む食べ物だけではなく、吸収率を高めることにも気をつける必要があります。ダイエット中にはほうれん草などの野菜類に手をつけがちですが、野菜に含まれる非ヘム鉄は吸収率が悪いため、赤血球やヘモグロビンを増やすためにも良質なタンパク質を摂り入れることも大切です。